ボーディングスクールのメリットとは

ボーディングスクールは、アメリカやイギリス、スイスなどに伝統的な学校がいくつも存在しており、主に寄宿制の学校となっています。

ボーディングスクールでは英語を使用してコミュケーションをするかとが原則となっているため、海外から留学する場合は、英語力を身に付けることが最低限必要です。
レベルの高い学校や一部の学校では、入学当初から高い英語力を必要とされ、留学生向けの英語のクラスを設置していないことも多くあります。


そのため、歴史と伝統のあるボーディングスクールを目指す場合は、子供の頃から英語の能力を高めておかなければなりません。ほとんどのボーディングスクールでは、中学生と高校生のクラスを持っています。
しかし、スイスの一部では、幼稚園から受け入れている学校も存在しています。
このような幼い子供を、海外の寄宿制の学校に預けることに不安がありますが、先生やスタッフなどが一緒に生活をしているため、いつでも子供の様子を見ることができるようになっています。

これからはボーディングスクールに注目が集まっています。

特徴的なのはクラスの人数で、多くても10〜12人でひとクラスを作っています。
そのことから、より一人一人にしっかりとした教育が行き届く体制となっています。
そして、重視しているのは子供の自発的な態度で、押し付けではなく自分を表現し、プロデュースする力を養うことです。

朝日新聞デジタル全般の一般知識を分かりやすく紹介いたします。

ただし、様々な風習や文化を持った子供たちと生活を共にするため、モラルを大切にしながら個性を育てることができます。